日産リーフ新型の走行距離は遂に400km!eペダル搭載で高評価か?


2017年9月6日に幕張メッセで行われたのが、日産リーフの発表会です。

2010年に販売開始された日産リーフの初めてのフルモデルチェンジとなっています。

フルモデルチェンジでは何が一新されたのでしょうか。

日産リーフ新型の主な変更点

9月6日に発表された新型リーフですが、どんな点が変更になっているのでしょう。

エクステリアは前作の面影もなく今風な仕上がり感で、Vモーションらしきデザインはついています。

他に大きな変更点と言うよりは追加になりますが、プロパイロットパーキングです。

自動運転で駐車場に停める事が出来るしすてむですが、皆さんもご承知の通りベンツは既に、スマホで操れるラジコンベンツを販売しているので、ビックリ感は少ないかもしれません。

今回の新型リーフの最大の特徴はやはり航続距離でしょう。

前作はフル充電でJC08モードで200kmでしたが今回発表されたリーフは実に倍の400kmを走行可能と言う事です。

実走行では320km前後の走行が可能でしょう。

これなら、ちょっとした旅行には行けるようになったと思います。

この距離が出るなら、購入される方はかなり増えると思います。

Sponsored link






日産リーフ新型の他の機能

今回発表されたリーフの主な変更点以外では、どんな機能が追加されたのでしょうか。

アクセルは加速・減速を調整するものですが、新型リーフではこの機能の他に摩擦ブレーキを使って止まる事が出来るようです。

アクセルを踏んで車が止まる?どんなシステムなのかイメージがつかめないですが、日産ではe-pedalと呼んでるみたいです。

アクセルペダルを完全に戻すとブレーキがかかるようです。

ダブルアクセルを必死に練習した方にはあれはなんだったんだと思わせるようなシステムです。

新型リーフにプロパイも搭載される事になりましたが、残念ながらプロパイ2ではなく、セレナに搭載されているプロパイと同じ様です。

リーフから導入か?とも言われていましたがちょっと、残念な感じもします。

日産リーフ新型のまとめ

日産リーフ新型について紹介してきました。

走行距離はかなり伸びましたが、プラットフォームは前作のを改良している様です。

またインテリアに関してもこれまた、日産らしい感じがびっしりと言った所ではないでしょうか。

ハンドルのボタンの多さは驚きですけどね。

デザインは今回の方がかなり整っている感じでいいのではないでしょうか。

旧型ではバッテリーの劣化等で方向距離が極端に落ち、中古車価格も暴落していると揶揄された面もありますが、新型はその点をどこまで改良できているのか?

日産リーフ新型の真の評価が出るのは、もう少し先のような気がします。

新車の値引き金額から更に27万円安くする裏ワザとは?

  • 欲しい新車があるが、予算オーバー
  • 値引き交渉が苦手
  • ディーラーを回るのが面倒、時間がない
  • 新車を最安値で手に入れる方法を知りたい
  • ディーラーの売り込みが嫌い

などなど・・・

新車の購入を検討しているけど、もっとお得に購入する方法はないものか?
と悩んでいる方は実はとても多くいらっしゃるんですね。

そこで、家族や友人に相談したところでまともなアドバイスが貰えないばかりか、

また聞いてもらったところで結局は欲しい新車に手が届かない。

そんな悩みを抱える方のために、おススメの裏ワザをご紹介します。

車の下取りは必ず今話題の高額査定サイトを利用しましょう!

あなたは、よくある車の一括査定サイトに申込み、多くかかってくる
営業電話にうんざりした経験はありませんか?

しかし、高価査定サイトを利用すれば「車種」と「地域」を選ぶだけで
あなたの車を買取強化してくれるお店が一発で見つかります!

事実、私も高額査定サイトを利用してディーラーで40万円の査定が
買取強化店で67万円になりました!

 

 

Sponsored link

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ