賃貸手数料をまけさせる裏ワザ※ここだけの秘密の話

値切れ!!仲介手数料は物件によっては最大0円可能です!!

不動産の契約時には、仲介手数料と呼ばれるものが発生してきますが、これはどうしても払わなくてはいけないのか、余分に取られているような気がしてならない、と疑心暗鬼になってしまう方も多いのではないでしょうか。やはり宅建や不動産関連の用語には理解することが難しい単語も多くあり、敷金や礼金と聞いても、その違いなどを正しく説明できる人は少ないかもしれません。

 

 

では、仲介手数料は安くすることができるのでしょうか。仲介手数料は、法律によって定められているのですが、不動産契約が成立した時には、不動産会社に向けて支払う義務のある金額になってしまいます。ですからゼロ円にしてほしいという交渉はできません。しかしながら、不動産会社によってもつけている金額が違ったりしますので、いろいろと見極めていくことが大事です。

 

仲介手数料が安いということを売りにしている不動産会社も多くあります。インターネットで調べていきますと、そのような関連は多数ヒットしてきますので、細かく調べていくことをお勧めします。大手ではなく、テレビコマーシャルなどを大々的に扱っていない、小規模な不動産会社で、意外と安値を付けているというケースもあります。

 

また、仲介手数料は、契約した物件の値段などにも左右されてきますから、20万円以下の物件、40万円以上の物件、などといった枠で分かれていて、値段も違ってきますから、もし不動産契約をする際には、そういった値段のことも考慮に入れながら契約しましょう。港区や目黒区などのタワーマンションなんて、安くても家賃20万円からなので仲介手数料が1カ月なのか2カ月なのかでも大きな違いです!

 

ちょっとまって!
そもそも賃貸仲介手数料って何なの?

 

 

賃貸物件を契約する際に、仲介手数料と言う言葉を耳にすることになるでしょう。敷金や礼金など、賃貸物件の契約にはいろいろな単語が出てきますが、この仲介手数料と言うの言葉も覚えておかなくてはいけない単語のひとつとなります。

 

一般的に、私たち消費者は、不動産を取り扱っている会社を介して物件の紹介を受け、物件を契約することになります。
不動産会社は、物件を売りたい人と、買いたいと思っている私たち消費者をつないでくれる役割をしていますね。不動産会社にて、物件の売買が成立しますと、そこで不動産会社には成功報酬というものが発生します。契約が成立した時に、売った側と買った側が不動産会社に対して払うお金と言うことです。物件を紹介してくれた会社に対して払うというお金であり、いわば、この仲介手数料といったものが、不動産会社の利益になっているのです。

 

あくまでも成功報酬という扱いになりますから、仮押さえの物件であったり、契約を途中で取り消すことになった場合などは、仲介手数料は発生しません。
これは宅建の法律でも定められていますが、媒介手数料と言った呼び方もあります。宅建の業者である人以外が、仲介手数料を請求するということは法律に反してしまいますから、やってはならないことです。賃貸物件の契約に関してはいろいろな費用が掛かってきますが、仲介手数料もその中の一つとしてかかってくるということを覚えておきましょう。